ローマの休日

脳外科病院に行って来ました。
1か月 1度の定期検診で

いつも 先生から
「毎朝 血圧測定してるかね。 どの位の数値?」 と聞かれます。

この度は パソコン講座で 習っているので 練習のため

毎朝 測ってる血圧を折れ線グラフにして 持っていきました。

先生は じーと 折れ線グラフを眺め

「落ち着いているね。来月のMRIは 暖かくなってしようね。」 と 言われました。

   MRIが 延期になりました。ヽ(´▽`)/ ラッキー


インフルエンザの予防接種もしました。



《ローマの休日》の映画を テレビですが 観ました。

自分でも 可笑しいほど この映画に ぞっこんなんです。

テレビですが もう10回以上は 観てるでしょう・・・(笑)

チャーミングなヘップバーンに 微笑み heart04イケメンのグレゴリーペックにうっとりして・・・heart04(笑)

  そして 涙を流しながら・・・・(笑)

フランスの凱旋門やコロッセオやスペイン広場などを 眺め
  一人 《ローマの休日》に 惚れ込んで 観るのです。


こんなまあちゃんを 主人は 呆れて います。(笑)happy01

|

バレー観戦

家では 装具なしで歩く練習をしていますhappy01


女子バレー五輪世界予選をテレビで 夜 楽しみにして観戦しています。

 


いつもなら 主人と録画した映画やドラマを観るのですが・・・・

寝室のテレビで 一人でバレーに 夢中になって・・・・

メンバーの名前も みんな覚え 時には 声も・・・

   ハラハラしての観戦です。

セッターの宮下が 姪の子供に似てる・・・と 
  馬鹿なまあちゃんは 思ったり・・・・

昨晩は 韓国に負けてしまいました。

楽しみにして 今晩も観戦します。lovely


| | コメント (0)

テレビ鑑賞会

山口はまだ梅雨が開けてな~い。

昨日もrain そして今日もrain

朝 新聞のテレビ番組で ドラマや映画を予約録画する。

夕ご飯の後片づけが済むと 

まあちゃん夫婦のテレビ鑑賞会が始まる。happy01

昨晩は 《 毎日かあさん 》を観ました。

    2011年の作品で 毎日新聞に連載

アルコール依存症の夫(永瀬正敏) 漫画家の妻(小泉今日子)

   男の子と女の子の日々の生活。

    笑ったり 涙したり 面白い映画でした。

片麻痺になり ゆっくりの生活です。

元気な時には 考えられないことです。

枝豆の写真を撮ってみました。

Dsc00677_edamame

| | コメント (2)

赤ちゃんラッシュ

徳山リハビリステーションは 赤ちゃんラッシュ。happy01

在宅支援センターのフジサワ先生ところは 

   最近 と言っても 100日のお祝いをされたのだけど 

    子煩悩の先生は スマートフォンの写真を時々見せてくださる。

入院していた時 担当だったヒロナカ先生は 8月に出産。

  11日のリハビリ教室の時 大きなお腹を抱えた先生に出会いました。

  大きなお腹を「いい子ね。いい子ね」と 何度も 撫ぜたまあちゃんです。

  15日から 産休です。

もう一人名前を忘れたけど 4階に移動された看護師も

  何時か出会った時 うれしそうに 「3人目が できたのよ~」 

    大きくなったお腹を見せてくださった。

若い先生方のうれしい報告を聞く これからも楽しみです。o(*^▽^*)o

| | コメント (0)

のんた映画祭

22日~26日までテアトル徳山で 《のんた映画祭》があります。

友達のMちゃんと出かけて来ました。

この度の映画は 原作 井上 靖・監督 原田眞人《 わが母の記 》

新藤兼人が98歳のとき 監督最後の映画 《 一枚のハガキ 》 

 

P2220082_3

《わが母の記》は 井上 靖が自身の人生 家族との実話をもとにした小説を 原田眞人監督により 映画化されました。

両親に兄妹の中で ひとりだけ 別れ育てられたという想いで生きて来た小説家の伊上供作。

認知症がだんだんひどくなって行く樹木希林が扮する母。

その母を見守る家族の絆。

母は 供作もわからなくなったある日 子供の頃書いた供作も忘れていた詩を読んで聞かせるのでした。

認知症の母を演じる樹木希林は 観客の涙を誘ったり 笑わせたり どこまで本当の認知症か樹木希林か わからないほどでした。

映画の中に引き込まれて行きました。

《一枚のハガキ》 は 

戦争末期に召集された兵士が自分は戦死だろうから 生き残ったら ハガキは読んだからと妻を訪ねてくれと一枚のハガキを託される。

生き残った兵士は ハガキを持って 訪ねて行く。

そこには 貧しい暮らしをしている友子がいました。

新藤兼人監督は 戦争の愚かさを声を大にして訴えたかったのでしょう。

妻 友子の扮する大竹しのぶが天秤棒で水桶を運ぶ場面は 

何時か観た セリフのない映画 《裸の島》の乙羽信子を思い出しました。

説明がよくありませんが どちらも素晴らしい映画でした。





当日は 今月末で閉店になる近鉄松下百貨店で 徳山の街はにぎわっていました。

 

 P2220079 P2220080_2

近鉄松下百貨店は大入り満員。

テアトル徳山も たくさんの観客。

食事をしたスターのラーメン店も 外に並んでる人。

おみやげに買って帰った江戸寿司も目の前で売れ切れ。




Mちゃんと楽しい一日を過ごし また行こうね~と約束しました。

| | コメント (8)

周南《絆》 映画祭

24日 25日 周南《絆》映画祭が行われました。

半落ち ・ ツレがうつになりまして ・ ブラック レイン ・ レンタル彼氏 などの映画   松田優作賞授賞式 ・ トークショーなどありましたが

友達のMちゃんと 《 長崎ぶらぶら節 》を観ることにしました。

吉永小百合が演じる長崎 円山を舞台に無償の愛に生きた芸者『愛八(あげはち)』の人生を描いた映画です。

貴重な古い民謡発掘をする渡 哲也が演じる古賀との純愛に 友達もまあちゃんも年甲斐もなく 心打たれ 気品のある色気に うっとりしました。

   監督 深町幸男     

   脚色は市川森一?? ・・・

               はて・・・思い出しました。 

  ブログ友達の長崎の諫早の熊のKさんの同窓の方でした。

    不思議な縁ですね~





映画の後 食事を・・・・と 歩くのですが 

シャッターの降りた店が多く 街は暗く 昔の面影はありません。

あの美味しいスターのラーメンを・・・と足を運んだのですが 

  休みなのか シャッターが下りています。

簡単な食事をして コーヒーでも飲もう・・・と

あっちこっち回って やっと喫茶店に在りつけました。

Mちゃんと映画の感想や写真の話など 

    cafeコーヒーを飲みながら ゆっくりしました。

こんな感じで 街中は 寂しく感じましたが 

映画館は 赤いヤッケを着た たくさんのサポーターのお手伝い。

入場者も多く 若い方も多く見受けられました。



街をあちこち歩いていると 《パレット画廊》で 旺玄展が開かれていました。

     ちょっと覗いて見ることに・・・・

なんと受付には 芸術村の写真教室によく話しに来られる絵画の先生が・・・・

   そして 従弟も・・・

  「絵画も親しんで 今日は楽しかったね~~」と 

     Mちゃんと贅沢な一日を過ごしました。

| | コメント (0)

赤毛のアン

先日 NHK BSプレミアムで 《赤毛のアン》の映画がありました。

  うかつにも 録画するのを忘れて 

青春編 前編 後編 ・ 結婚編 前編 後編・ 新たな始まり

     を録画して 5日間観ました。

まあちゃん夫婦は  アンの虜になってしまいました。

  見逃した 少女時代の前編 ・ 後編が観たい。

            観よう。punch

           DVDを借りることに・・・

P8300012 P8300010


   ネットで申し込み  
料金は 480円。

      2日後 郵便で届きました。

見逃した《赤毛のアン》 を 観ることができました。scissors

   便利になったものですね~confident

 

 


緑と海に囲まれた大自然で 孤児院から 

子供のいない老兄妹に引き取られたアンの一生の物語です。

アンは赤毛のやせっぽち そばかすだらけの女の子です。

アンの生き生きした明るさ 可愛さ 大人びたおしゃべりに 

男の子が欲しかった老兄妹マシューとマリラですが 

  アンの不思議な魅力に引き込まれて行きます。

アンは マシューとマリラの愛情に包まれて 

  優しく 賢い 魅力的な少女に成長して行きます。

アンの想像力に 周りの友人 大人達は アンの虜にしてしまいます。

いつも 前向きに生きて行くアンです。

  

アンの想像力を発揮したおしゃべりに微笑み 笑ったり 涙したり


     「好い映画だったね~~heart04

    と感動したまあちゃん夫婦です。




| | コメント (10)

シニア劇場

24日 主人の林研の会合があり 私は久しぶりに 周南シニア劇場で映画 《北辰斜めにさすところ(ほくしんななめにさすところ)》を 観て来ました。

 題名《北辰斜めにさすところ》は 戦後まで歌い続けられた旧制第七高等学校(現 鹿児島大学)の有名な寮歌です。

  戦前の学生たちの伝統と強い絆を育てた旧制高校の青春ドラマ。

  強い絆で結ばれた青春を謳歌した旧制高校生たちの青春を奪い取った戦争。

戦争は 多くの犠牲を払ったことに 涙しました。





夕方が遅くなり 夕食を 近鉄松下百貨店で買って帰ることに・・・・

寿司とハンバーグを購入。

    奮発したのですが・・・

でも 主人は まあちゃんの寿司・まあちゃんのハンバーグの方が美味しいと・・・

やはり 手作りの方が美味しいようです。

| | コメント (12)

高峰秀子

ずいぶん前のことですが 高尾山さんのブログで 

デコちゃんのニックネームで親しまれ 昨年の暮れに亡くなった高峰秀子さんの『わたしの渡世日記』を知りました。

興味が沸き 早速 周南市の図書館に申し込みました。

    申し込みが多かったのでしょう・・・・ 

2月の初めごろ やっと私の手元にやって来ました。

P2180032_2

高峰秀子さんは 5歳で子役になり 女優の道を歩み始めたのですが 華やかな世界とはうらはらの苦しい胸の内を 切れ味のよい文章で書き綴っています。

実父との離別  養母との確執  養父 東海林太郎 との別れ 黒沢明との初恋そして別れ  などなど・・・

学校もほとんど行かれなかった様子ですが 淡々と綴った文体に引き込まれ 一気に読み上げました。




こんな素晴らしい女優の高峰秀子さんの追悼番組はないのかしら・・・・

    と思っていましたところ・・・

4月から始まったNHK BS 『山田洋次監督が選んだ日本の名作100選 家族編』で

 『二十四の瞳』を観ることができました。

この映画は 昭和53年 木下恵介が監督で12名の子供と大石先生(高峰秀子)のふれあいの映画です。 

小さな子供12名が演技するので 木下監督は 1シーンを撮影するため70数回やり直しをしたこともあったようです。

『無法松の一生』 『浮雲』も これから放送されるようです。

| | コメント (8)

劔岳 点の記

先日(21日) 主人が「まあちゃん 映画 劔岳 点の記 観に行かんか?」と・・・

     (まぁー 夢かと思う程びっくり ・・・)

はじめてなんです。 一緒に映画の お誘い・・・・

       もちろん すぐオッケーhappy01

それで 昨日22日 car行ってきましたーーーhappy01

P62201121

劔岳 点の記」のあらすじは

旧日本陸軍が地図を作成するため 未踏の劔岳山頂に登り三角点を設置するお話です。

雪の中 嵐の中 苦労して 山頂を目指す姿には 圧倒されました。

また  背景には雪 紅葉した景色  雪景色  雷鳥・・・・

とっても きれいで 惚れ惚れするようでした。

また 俳優さん達の演技も とっても よかったです。

口では 言い表せないけど・・

お勧めの映画です。



実は 息子のやつが 先日 

「6月18日の義父ちゃんの命日を忘れてた」と 言ったら

「あんまり 遊び歩くから pout・・・」

と言ったので ブログに載せようか?どうしょうか?

迷ったのですが 載せちゃいました。happy01 

| | コメント (12)

より以前の記事一覧