家火事

土地改良の会議から帰った主人が
 
  「石の原で 火事があり 人が亡くなった。」 と 
        険しい顔付きで話します。


 
やっと  合点 できました。

今朝方 断水だった理由が・・・







朝4時前に トイレに行ったのですが 手を洗おう・・と 
    蛇口をひねったのですが 水が出ません。

台風でもないし どうして 水が出ない???

気持ちが悪いので  主人を起こしました。

主人は 眠そうでしたが 調べてくれました。

   「断水している。どうしたのかな??」

まあちゃんは

昨日の昼 食洗器のスイッチを入れるのを忘れ 食器を洗ってなく 困ったことばかり思って 食洗器が壊れたのでは・・・と 思いながら・・・sleepy

主人は

家の前に 水道の工事用の車がたくさん来てる。
「どうしたんか??何があった?」 の夢をみながら・・sleepy 


6時に 起きた時は 水は出ていました。




一人暮らしの男性が亡くなったそうです。

友達のフミエさんの隣の方です。

滅多にない大事で  びっくりしました。          

|

事件解決

みなさんにご心配おかけしましたが 残酷な事件の犯人が捕まりました。

   落ち着かない日々でした。

この田舎で このような事件が起こるとは 未だに信じられません。

報道関係者が訪ねて来たり 行く先々で この事件の話が出て来たり・・・

先日は 主人が夜出かけることがあり 早くから戸締りをして カーテンを閉めていました。

  安心したからでしょうか・・・

      今日は 疲れが出て来ました。

私達がこのような状態ですから 部落の方は大変だったことでしょう・・・

     これからも大変でしょう・・・

無理な願いかもしれませんが 早く 元の笑顔の生活に戻られることを祈っています。

  近所で・・・camera

 Dsc06887a


 

 Dsc06899


今朝は 久しぶりに雨が降り 畑が喜びました。

   まあちゃんも喜びました。happy01

      涼しい日が過ごせました。

 

 

 Dsc06889a

明日は 写真教室の方達と 津和野のギャラリーアイヒェル と SLの写真を撮りに行く予定です。

勝手ですが バタバタしますので コメント欄を閉じらせていただきます。

|

残酷な事件

隣の部落(5.5km)で 起きた事件。

被害者の方には 知り合いの方もいます。

大好きな従姉も すぐ傍に住んでいます。

従姉は 「一の友達が 亡くなり もうここには住めない」と言います。

紫陽花やエビネラン・アヤメ・桜など 皆で協力されきれいに手入れされています。

 

友達と歩いたり 昔はバスを利用して  何度も訪ねています。

静かな静かな所で 川のせせらぎや小鳥の鳴き声も聞こえる 好い所です。

日頃 静かなまあちゃん家の前は パトカーや警察の車  タクシーなどたくさんの車が行き交います。

近くでは検問があり すべての車を止め 免許証の提示を求められます。

昨日も今朝も 警察の方が この暑さの中 大きなリュックを背負い 捜索していました。

信じられない残酷な事件で 毎日不安な日々を送っています。

早く 犯人が捕まり 解決して欲しいです。

23日は芸術村の写真教室でしたが 芸術村も閉鎖の指示が出ていました。

写真教室は 先生が早くから来られ 勉強して来ました。

この前の《 鹿野アートフェスティバル 》の山代和紙に印刷したトルコのカッパドキアの写真。

和紙に印刷すると 趣が変わります。

 

 0048


 

  Dsc00048

|

まさか??

4日 主人が 子供達を宇部空港に見送りに行ってる留守に 家の片づけを済ませておこう・・・と 張り切って 掃除してると 京都の妹からメールがありました。

  「テレビのニュースの神田先生とは 須々万の神田医院かね?」

何のことだろう???と 新聞を見て びっくりしました。

    《熊本での小型プロペラ機の遭難事故》

孫達が来て 大騒ぎしていたので はじめて知りました。

神田医院は 6km位離れた須々万にあるお医者さんで まあちゃん達夫婦も 何度かお世話になっています。

神田先生は 明るくて 足マメで いつもたくさんの患者さんが押しかけていました。 

訪問看護や徳山医師会病院の入院患者も あります。

大変なことになりました。

みんなの祈りも届かず お亡くなりになりました。

これからのことが心配になります。

心から お悔み申し上げます。

| | コメント (10)

山火事

昨日 金峰の菅蔵(すげぞう)で山火事がありました。
 _002_12 この写真は 主人が携帯電話で撮ってものです。

主人は 山で仕事をしていたら 目の前を消防自動車が2台 救急車の 3台が サイレンを鳴らし通りましたので すぐに軽トラックで 駆けつけました。

もう それからが大変。

消防自動車は 大きいので途中から 行くことができません。
立ち往生していたそうです。
ポンプを友達と軽トラックに乗せ現場に運んだそうです。

ちょうどチェンソーを車に積んでいたので 延焼を避けるため 木を切ったそうです。
チェンソーのバーが後から見たら 塗料が剥げていたそうです。

1000平方メートル位焼いただけで 鎮火しましたが 主人の言うことには
風倒木に火が点くと あっと言う間に 火が点き 飛び火するそうです。風倒木や今問題になっている松枯れは怖いものだ と話していました。

この写真の左上のまわりで 主人は木を切ったそうです。

昨日は 天気もよく 乾燥もしていましたが 大事にならなくてよかったです。

まあちゃんは 今日が長男の誕生日で 氏神さまの二俣神社へお参りに行く途中でした。
日頃 静かな村を 消防自動車が何台も サイレンを鳴らし 通るので みんな何事が起きたのか?と大騒動です。
行く先々で みんなに 「どうしたんかね?」「どこかね?」と 聞かれました。



 

| | コメント (3)