« 精華女子高校吹奏楽コンサート | トップページ | 梅雨入り前に・・・ »

近所のおばさん達と・・・

28日 午後 雨が止んだので 

主人が「林 忠彦展に行こう」 永源山公園の尾﨑記念館に行って来ました。

「日本の画家」の写真展です。

主人は たくさんの画家さん達の写真に興味深々でした。 

 恥ずかしいのですが 私は少しの画家さんしかわからなったのです。

写真展から 帰って見ると 近所のおばさん2人が家の前にいます。

「まぁ よう来たね。上がりさん」と 家の中に・・・

コーヒーを飲んでいると 隣のおばさんの携帯電話が鳴ります。

同じ部落のおばさんからで 「まあちゃん家にいるので おいで」と・・

   足の悪いおばさんは まあちゃん家までは とても 無理。

主人が おばさんを車で迎えに行ってくれました。

我が家に来たおばさんは

  涙を流し 「うれしい」と 言います。

  「一人で家にいると さみしいよ」と また 涙が出ます。

人数が増えると 話は 弾みます。

みんな大口を開け 「アッハッハッハ」「アッハッハッハ」と 大賑やかです。

昔話も出て来ますが 時には 自分の息子の名前が判らない時も・・・

  夕ご飯の支度を・・・と思いますが 

     おばさん達は帰りそうにありません。

片麻痺のまあちゃんは 時間がかかるので

 5時になったので 「また おいでね」とお開きにしました。

みんな足や腰が悪く 付き車を付きながら 帰って行きました。

 主人が迎えに行ったおばさんは 嫁さんがお迎えです。



 




|

« 精華女子高校吹奏楽コンサート | トップページ | 梅雨入り前に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精華女子高校吹奏楽コンサート | トップページ | 梅雨入り前に・・・ »