« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

トルコ旅行③

17日 天気予報は 薄曇り にわか雨の予報。

カッパドキアは海抜1200mの高い所。

寒いので 肌着を重ねて着 傘を用意して ダウンの上に雨が降れば ヤッケを着る予定で出かけた。

長い長い一本道。 両脇は麦畑などが延々と続いています。

羊飼いも あちこちで見えました。

山には 雪が積もっていました。

  (運転手のフセインさんは スピードを上げて運転するので 写真が撮れません。)

  150 223

ガイドのアポさんは 道中 トルコと日本の友好の話をしてくれました。

何時か 聞いたことがありますが 

明治時代和歌山での『エルトウールル号の遭難事件』

イラクとイラン戦争の最中 トルコ航空の飛行機が駆けつけてくれた話

トルコでは 小学4年生になったら 和歌山で起きた事件が教科書に載ってるそうです。

とても好いお話で うれしく異国のトルコが大好きになりました。

最後のトプカプ宮殿を見学するために並んでると 

     小学生が日本語を習ってるのでしょうか

「こんにちは」と挨拶します。「上手ね」と褒めると「ありがとう」と照れくさそうに返事しました。

 

途中 トイレ休憩したところで シルクロードの隊商宿を見ることができました。

 

 301
天気予報通り カッパドキアに着いたときは 小雨が降っていました。

でも 私達は感激の声を上げながら 写真を撮ったり ラクダに乗った人もいました。

 ガイドのアポさんが 先にトルコ絨毯の見学をして 食事をして カッパドキアの見学をしよう・・・と提案してくれました。

 

P4170327
 

草木染めの糸で 織子が一本一本 丁寧に織っています。

 

 P4170350_2 P4170347

 

 P4170340 P4170341

きれいな素晴らしいトルコ絨毯を眺めていると

旅行の前 子供達が「贅沢をしてくれ」と お小遣いをくれたことが 頭を過りました。

商魂逞しさに負け とうとう思い切って 羊の毛の絨毯を買うことにしました。

まだ 絨毯は届きませんが きっと 子供達も喜んでくれると思います。




昼食はカッパドキアの洞穴の中でした。

P4170396 358

ラッキーなことに 雨も上がりました。

 

 309 305


 312 341


  384 386_2



  390 368




不思議な洞窟に我を忘れ あちこちみんなで見学したのです。

本当に素晴らしいものでした。

広場では あちこちで のびるアイス 『ケレベッキ』(トルコアイス)

を売っていました。

みんな食べていました。

まあちゃんも食べたかったのですが 冷たい物を食べたら 時々下痢するので 残念でしたが 辞めておきました。

    (リンクは動画です。)

340

まだ 続きがありますが 次に・・・・

|

トルコ旅行②

16日 世界遺産パムッカレへ。

 ホテル・ バス・ ミラーに映った運転手のフセインさん

126 127 151

ホテルには 温泉がありました。

P4160185_2 P4160191


前日の夕食後 一大決心をして 友達と水着を買って温泉に・・・

とても 日本ではできませんが トルコだから できたのですが 好いお湯でした。

友達は 化粧の乗りがよくなったと言っていました。





バスで走ってると 白い綿のような台地が見えて来ました。

バムッカレです。P4160204

バムッカレはトルコ語で《綿の城》と言う意味だそうです。
段々に連なる真っ白な石灰棚にたまった温泉水の池。

足湯をする人も見えます。

 

 P4160212_3 166


 173 176


 178 175



まあちゃんは この写真を見る度に悔しくなります。

  まあちゃんは 足湯を楽しんで 見学ができなかった。

主人は 足湯なんて・・と言って 

    この素晴らしい石灰棚の周りを感嘆を上げながら 見学したのです。

まあちゃんは おまけに 滑って転んで 濡れてしまいました。bearing bearing

集合は 近くのパムッカレ温泉。

温泉の中に ローマ時代の遺跡が転がっています。(2枚目の写真)

温泉を楽しんでる人もいます。

搾りたてのザクロのジュースとケシの実が入ったヨーグルトをよくかき混ぜ食べました。

どちらも美味しかったです。

 

189_2 190

P4160222 P4160230


パムッカレを後にして コンヤへ・・・6時間のバスの旅。


インゼミナーレ博物館

インゼ・ミナーレ とは 《細い尖塔》の意味。

13世紀 イスラム教の神学校として建てられた。

現在は 博物館。

  P4160248_2 P4160249

 

 P4160242 P4160244 P4160246


メブラーナ博物館



メブラーナ教の始祖メブラーナが祀られている。

中は撮影禁止でした。

入口。   青緑のタイルで飾られた霊廊の塔。

 P4160261 278

メブラーナ 観光後 ホテルへ。

 

 P4170277
次は 楽しみにしていたカッパドキアです。

|

トルコ旅行①

主人の友達に誘われ 14日~20日トルコ旅行をして来ました。

まさか 昨年に続き海外旅行ができるとは 夢にも思っていませんでした。

出かける前に主人はぎっくり腰になり 心配しましたが 元気にとても楽しく過ごしました。

時差ボケもやっと治まり 日常の生活に戻りました。

写真1500枚の整理に追われています。

ボチボチ トルコ旅行のブログを書いて行きたいと思います。





14日 福岡空港から大韓航空でインチョンへ インチョンからイスタンプールへ。

12時間の空の旅。

030


空港から ホテル 

041 P4150053_2

ホテルの前には マツダの車が展示されていました。

043


イスタンプールからトルコ航空でイズミールへ。

空港で両替。

P4150061 P4150066


まあちゃんがゲートを通ると ブザーがなりました。

びっくりしているまあちゃんに 

    空港の人は笑顔で 走って・・・のパホーマンスをしてくれるので 

    まあちゃんも笑顔で 走って通りましたが やはりブザーがなりました。

15日は エフェソス遺跡の観光。

バスに乗り 昼食のレストランへ・・・

途中 オリーブの木々が山の上まで延々と続いています。

P4150073


日本の道の駅のような感じのレストランに到着。

P4150075 P4150077 P4150089


早速 ビール。

ビールも美味しかったけど ここのジュースがすごく美味しかった。

まあちゃんは 買って帰りたかったです。

P4150086_2


エフェソスに到着。

 現地のガイドさんで日本語がとても上手な アポさん(あだ名)

この旅行が楽しかった一つには アポ さんのガイドと人柄に感激したこと。

P4150135_1a

エフェソスは 地中海文明の中の遺跡跡。

ギリシャ時代には小アジアの最大都市国家として君臨しました。

当時の繁栄ぶりを伝える数々の遺跡の素晴らしさに目を見張りました。

野外劇場 ・ 図書館 ・ 浴場 ・ 公衆トイレも・・・

イタリアのポンペイを思い出しました。

トルコは大理石が豊富で どこでもたくさんの大理石が使われています。

P4150103 P4150107 080

 

 073_2 079_2 099


 P4150115 P4150118 090

世界七不思議の一つ アルテミス神殿 

    ちょうどコウノトリが巣を作って見張りをしていました。

 

 P4150174_3 P4150172

エフェソスでは イチジクの木を見ることができました。P4150121

 少し感じが違ってた。




途中 オリーブオイルのショッピングに・・・

ここで 顔のしわが少なくなると言う化粧オイルを4箱買うと1箱をオマケが付くので 友達と購入して 分けました。P4250674_2

ハンドクリームも同じように 分けました。

トルコのお金は リラですが ユーロも ドルも使えます。

日本円も使える所がありました。





その後バスで パムッカレのホテルに移動。

  3時間の移動でした。





すみません バタバタしていますので コメント欄閉じらせていただきます。

|

重源の郷

冬に逆戻りのような日々で 寒いです。

長野山は雪が積もったそうです。

  5日は 重源の郷。

  7日は 恒例になってる主人の友達の我が家でのバーベーキュー花見。

  9日は 写真教室。

  10日は 芸術村の花壇の草取り。

  11日は しゅうなんアート・ナウ2013の鑑賞。

毎日 バタバタしています。



5日 ガマガエルさんと重源の郷に出かけました。

お天気は上々sunsun 桜cherryblossomcherryblossomも満開で 楽しんで来ました。

 

Dsc03795a_1


 Dsc03919


 Dsc03916a
屋根の吹き替え工事をしていました。

翌日から 天気が悪くなりそうで 忙しそうに作業をされていました。

  Dsc03853a
ガマガエルさんに習って 小川に落ちた桜の花びらの写真を撮りました。

初めての挑戦で think think

 

Dsc03839a

ガマガエルさんは 桜吹雪に挑戦していました。

この前の写真教室に ガマガエルさんは 重源の郷の写真を持って来ていましたが さすが 好い写真ばかりです。

とても参考になりました。

    ところで 

まあちゃんのブログを読んだ写真教室ののOさんが

ガマガエルのあだ名では 失礼に当るのでは・・・

と言われるので 名前を変えることにします。

名前は思案中です。




向道湖に鯉のぼりが上がっています。

先日から 写真に挑戦しているのですが 好い写真が撮れません。

10日は 風があり青空だったので 3時頃から出かけたのですが

   寒くて 寒くて ・・・

Dsc03950_a1


みなさんのブログの訪問 失礼しています。

    ごめんなさいね。

14日から トルコに行って来ますので しばらくブログお休みします。

コメント欄 閉じらせていただきます。

|

錦帯橋

ガマガエルさんから 錦帯橋の桜の写真を撮りに行こうと誘われ 主人に櫛ヶ浜のガマガエルさん宅まで 連れて行ってもらいました。

錦帯橋の桜は満開で たくさんの桜に圧倒されるようでした。

桜の木の間からの錦帯橋を見ると うれしくなり 思わずカメラのシャッターを切りました。

 

Dsc03613


 Dsc03608


  Dsc03645a

ちょうど 結婚写真を撮っておられるお二人がいました。

承諾を得て カメラを向けました。

 

 Dsc03634a


ガマガエルさんは 魚眼レンズだったので 悔しがっていました。

モデルさんの撮影も行われていました。

望遠レンズを付けていなかったので 遠くのモデルさんを・・・

  Dsc08539
錦帯橋を渡り 向こう側へ・・・・

錦帯橋の上から ・・・橋が揺れるので 怖くて・・・

  Dsc03648a
河原に下りて・・・

  Dsc03679a_edited1

橋の下から 広角レンズで・・・

 橋の裏が気に入って こんな写真を撮っちゃった・・・happy02

 

Dsc03663a


ガマガエルさんは帰る途中 

「鹿野のライトアップされてる弾正糸桜の夜桜を撮りに行こう」と

   またも まあちゃんを誘ってくれたのです。

岩国寿司を4個買っていたので 我が家で食べて行こうの話にまとまりました。

ガマガエルさんの奥さんがお魚や絹生揚げを持って来られ 

煮魚 ・ はなっこりと絹生揚げのからし味噌あえを作り 

簡単に夕食を済ませて 鹿野の弾正糸桜へ・・・・

この前買ったカメラのレリーズを取りつける所がわかりません。

懐中電灯も持って来るのを忘れて 大慌てです。

街灯の明かりで やっと取り付けました。

ガマガエルさんは もう撮影しています。

「レリーズは付けんでもええよ。シャッタースピードは6分の1」とアドバイス。

ガマガエルさんのアドバイス通りに設定して 三脚に取り付けてやっと撮影。

ところが WBを 太陽光にしていたので こんな写真が・・

  Dsc03690


ガマガエルさんが WBを電球にした方がいいよ。

  またも アドバイス。

    WB  電球

 

 Dsc03693


   WB  蛍光灯 (温白色)

  Dsc03692


 やっと 撮れました。(^o^)/

ガマガエルさんのおかげで 夜桜の写真を撮ることができました。

   さすがのまあちゃんも疲れて 夕食の片づけはできず 

      お風呂に入り ダウンでした。

| | コメント (18)

向道湖ダム祭り

4月14日は 向道湖ダム祭りです。

31日は 観光協会の方達により マラソン道の整備や寺山公園周辺の草刈りなどが行われました。

午後には 向道ダムに こいのぼりが揚がりました。

主人は 草刈り機 チェンソーなどを持って 整備に出かけました。

まあちゃんは 寺山公園の花壇や朝市のログハウスの草取りなどをしました。

P3310016 P3310017


今年は 桜が早く咲き始め 何度も写真を撮ったのですが バタバタしてブログに載せることができませんでしたbearing

          31日の大向の桜

 P3310020 P3310021


 

P3310027_edited1_2

マラソン大会の幟も上がりました。

P3310023


    たくさんの方のおいでを待っています。

 

| | コメント (4)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »