« 沖縄旅行 ③ | トップページ | お彼岸 »

沖縄旅行④

ひめゆりの塔 入口 ・ 資料館

Dscn1736_1 Dscn1737


左はひめゆりの塔慰霊碑。納骨堂。

右は 慰霊碑。

写真ではよくわからないかもしれませんが 第3外科壕が慰霊碑の前にあります。

Dscn1738 Dscn1739_1

1945年6月19日朝 米軍の激しい攻撃により 

 96名の学徒隊(看護要員) 87名がこの外壕で死亡。

 沖縄終戦時には 5名の生存だった。
生存された方達により 《ひめゆりの塔》が 建立された。

 資料館の中では 生存された方のお話に 涙ぐんで熱心に聞き入る学生さんでしょうか 若い方達を見受けました。

 亡くなったたくさんの学徒隊の方々の写真もありました。

 

二度と戦争を繰り返しては絶対にいけません

 

目頭が熱く 胸がいっぱいになり 両手を合わせました。

《ひめゆりの塔》を出た頃には 雨が上がっていました。

 主人も私も 無言のまま《ひめゆりの塔》を後にしました。



その後 琉球ガラス村へ・・・

Dscn1740_1 Dsc02969


ここで Mちゃんの娘さん さなえちゃんにガラスのペンダントを購入しました




沖縄旅行の行程が終り 空港に向け バスは走ります。

バスの中では ガイドさんが着替えをして 沖縄の民謡を歌ってくれました。

して みんなで 手踊りをしたのです。

 ガイドさんに 「阿波踊りになってる方も・・・」

               と笑われながら・・・

 

 Dscn1743_1
沖縄の方言は 難しく舌を噛みそうです。

ガイドさんから いろんな方言を教えていただきました。

その中で 「命どう宝」(命こそ宝) は 忘れることのできない言葉です。




長男からは 東京からの帰りの新幹線から 雪を被った富士山の写真が届きました。

次男からは 「沖縄は暑い」のメールに「わしゃ北海道。まだ雪があるよ」返事。

      日本も広いね~ 

|

« 沖縄旅行 ③ | トップページ | お彼岸 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

沖縄の風景良いですね!
悲しい出来事や今も米軍の駐留など戦争の
傷跡も有りながら明るい風景にホッとします。
楽しい思い出が又一つ増えましたね。
行って見たいなぁ。。。と
まあちゃんのブログを見て思いましたlovely

投稿: yuuyuu | 2013年3月21日 (木) 15時07分

こんばんわ!
また一つ思い出の旅となりましたね。
出かけられる時に沢山出ていたほうが良いですよね。
父はだいぶ弱ってきてしまいました。
私もどう対処したらよいかわからなくなってきたような・・

投稿: | 2013年3月21日 (木) 17時10分

まあちゃん こんにちはcat
沢山の観光地を見学されたのですね。
私はひめゆりの塔にはいきました。
本当に戦争は2度としたらいけませんね。
首里城に行って見たいです。
寮の同室の人に沖縄の人がいましたが
あの頃はまだパスポートが必要だったんですよね。
その人の家から送られてくる荷物に珍しい食べ物ばかりで
頂いて食べてたのを思い出しました。

投稿: ミミ | 2013年3月21日 (木) 19時48分

yuuyuuさん
風景もよかったですが ガイドさんの説明が素晴らしくよかったです。おかげで楽しい旅行ができました。
もう一度 東シナ海の海岸を歩いてみたいです。

投稿: まあちゃん | 2013年3月21日 (木) 20時05分

恵さん
元気で旅行できることに感謝しています。
恵さんは お父さんのことが心配ですね。

投稿: まあちゃん | 2013年3月21日 (木) 20時06分

ミミさん
首里城もよかったです。
この首里城も爆撃でやられました。
改めて 立て直しています。
沖縄の爆撃は酷かったのです。
今も基地がたくさんです。
もう戦争はしてはいけません。絶対に・・・

ところで ミミさんがブログでアップされていた《人参シリシリ》いただきましたよ。美味しかったのですが バイキングだったので 少ししか残っていなくて残念でした。人参シリシリに出会った時はうれしかったです。

投稿: まあちゃん | 2013年3月21日 (木) 20時15分

だいぶ前に行ったこと…を要所の写真再現、なつかしいです。
「沖縄旅あちゃんブログにほっこりと」

投稿: 高尾山 | 2013年3月22日 (金) 06時17分

高尾山さんも沖縄にいらっしゃたのですね。
懐かしい写真がありましたか・・・
句まで作っていただいて うれしいです。

投稿: まあちゃん | 2013年3月22日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄旅行 ③ | トップページ | お彼岸 »