« 田植え | トップページ | ホタルの写真 »

ウッドワン美術館

24日 芸術村の旅行で 広島 吉和のウッドワン美術館に 行って来ました。

ウッドワン美術館は 木質建材メーカー  ウッドワン株式会社の発祥地で 

山に囲まれた自然環境の中にある美術館です。

そして 岸田劉生の『毛糸肩掛せる麗子肖像』の絵のある美術館です。

 『Wood(木)とOne(人)』を意味する館名だそうです。

P5240006_2


広い広場にには  ニュージーランドのウッドワン所有の山の近くで見つかった『ビックカウリ』の埋没木が座っていました。

   高さ 7.5m  幅 4,3m 重さは50トン

   樹齢は 1000年~1200年  

   5万年前の埋没木

また 女鹿平温泉(めがひら)[クヴェーレ吉和] には 木を繰りぬいた風呂釜があるそうです。

写真教室のOさんは このお風呂に入って来たと言っていました。

古くなった風呂釜が展示してありました。

P5240003


梁や桁の木肌が見え 木の温かみが感じられる『クヴェーレ吉和』で 『山海御膳』を 久し振りに出会った芸術村の方と食事しました。 




午後 友達と ウッドワン美術館を見て回りました。

P5240011_2


お目当ての岸田劉生の「毛糸肩掛せる麗子肖像」を見ることが出来ました。

今まで 写真などで何度も 見ていましたが とても輝いて ふっくらした頬には 愛情を感じます。

絵のわからない素人の私でも 引かれる思いでした。

他にも 「りんごを持てる麗子」もありました。

黒田清輝の『木かげ』 ・ 横山大観 『秋野』

青木繁 『漁夫晩帰』 ・ 藤田嗣治 『大地』 等々

版画で有名な 棟方志功の絵もあり うっとりしたり 微笑んだり しながら 楽しいひとときを過ごしました。



隣には《マイセン館》がありました。

P5240014 P5240015


薩摩焼 や マイセン磁器 中国清時代の陶磁器 ガレーのガラス作品など

優美な世界に 引き込まれました。

話題になったファン・ゴッホの《農婦》の真相に迫るが企画されていました。

これも 興味深く 見ました。 

  疲れて 

山野草を窓越しに眺めながら・・・・ 

  『カフェ・マイセン』で 美味しいコーヒーとケーキを・・・

『麗子肖像』に惚れこんで 麗子像のマグネットを買って帰りました。

 

 P5250019_2
この度の旅行は「絵画部」の主催でしたが

パンフレットには イケメン6名 ・ ギャル(中)9名 と紹介され 朝から 大笑いで始まりました。

乾杯の音頭も 「この中で一番光っている人」と 言うことで 頭が一番輝いてるKさんが挨拶されました。

和やかな とても楽しい旅行でした。

友達とあの大きな埋没木の前で 写真教室の先生に写真を撮っていただきました。

 

 

 P5240005ab_edited2

|

« 田植え | トップページ | ホタルの写真 »

芸術村」カテゴリの記事

コメント

まあちゃん おはようございますcat
広島に旅行されていたんですね。
最後のシンボルの大木の前のギャルは右側がまあちゃんですね。
同じ趣味の仲間の楽しい旅行だったようですね。
沢山の名画や版画がある美術館ですね。
マグネットの写真の絵、私も何度も写真では見たことがありますが
ホンモノがあるのですね。

投稿: ミミ | 2012年5月26日 (土) 07時54分

ミミさん
こんにちは~
わかりましたか・・・
当りです。(笑)

静かな山の中の美術館です。
一度行って見たいと思っていました。
22日の写真教室の日を田植えがあるので 変更してもらっての参加でした。みなさんに感謝です。

投稿: まあちゃん | 2012年5月26日 (土) 17時50分

ギャルのまあちゃん!
ウッドワン美術館に行かれたんですね。
埋没木!すっごいですね。
私も行ってみたい美術館です。
ゴッホの名画を競り落としたと聞いてましたし・・・
いい時を過ごされましたね。
私はと言えば東京東郷青児美術館で
アンリ・ル・シダネル展を鑑賞してきました。
フランス ジェルブロワを薔薇の街として
発展に寄与した画家です。
ほんとどんな名画も100年以上経ってるとは
思われませんね。art

投稿: ダリママ | 2012年5月27日 (日) 11時18分

ダリママさんも好い所に出向かれましたね。
美術館で 癒されましたね。

もう東京から帰られたのですか・・・

投稿: まあちゃん | 2012年5月27日 (日) 13時46分

ウッドワン美術館っていいところに行かれましたね。
そうそうたる方たちの有名な作品をまじかで見られて心が満たされたことでしょうね。
最後の埋没木はすご~いですね。
まあちゃんご自身もきっと、文化の香り高くなられたことでしょうね。

投稿: まが~ | 2012年5月27日 (日) 18時46分

まが~さん
ウッドワン美術館は 山の中にある静かな美術館です。
帰りが3時出発だったのですが も少し遅くなってもゆっくり見学したかったです。
温泉にも入ってみたかったです。
15名だったら 無料送迎バスがあるので また行ってみたい・・と思っています。

投稿: まあちゃん | 2012年5月28日 (月) 17時58分

まあちゃん おはようございます

埋没木、凄い!
岸田劉生の愛娘の麗子像本ではよく見ますが
原画見られてよかったですね
みて見たい~
お仲間3人美術鑑賞にうっとり(^-^)
青木繁の絵、観てみたいです
ご無沙汰ばかりで御免なさい

投稿: maho | 2012年6月 1日 (金) 06時45分

お早うございます。annoy
美術館での鑑賞は心も和らぎ良いですね。
特に自分の知っている作品があるとなおさらです。
皆和気藹々で楽しんだ様子伝わってきます。

投稿: ツーカー | 2012年6月 5日 (火) 06時30分

mahoさん
遅くなり ごめんなさい。

ウッドワン美術館は中国自動車道に乗れば 簡単に行けるので mahoさんも どうぞお出かけください。

麗子像は本当によかったです。
写真教室の方も 良かった~と何度もおっしゃっていましたよ。

投稿: まあちゃん | 2012年6月 5日 (火) 17時50分

ツーカーさんもよく恵さんと美術館に行かれますね~
本当に 知ってる絵や写真は 惹きつけられますね。

投稿: まあちゃん | 2012年6月 5日 (火) 17時53分

まあちゃん、こんばんは。
 皆さんで美術館見学をなさったとのこと、良かったですね。
みなさんとの親睦が深められた上、お目当ての岸田劉生の
「麗子像」の原画も観られたし、マグネットもゲットできて、素敵な旅でしたね。

投稿: 熊のkさん | 2012年6月10日 (日) 19時38分

熊のKさん
遅くなりごめんなさい。
良い美術館見学でした。
やはり岸田劉生の麗子像はよかったですよ。
素晴らしかったです。

投稿: まあちゃん | 2012年6月13日 (水) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田植え | トップページ | ホタルの写真 »