« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

ヨーロッパ旅行③ カプリ島青の洞窟編

3日目 5時30分から朝食の弁当(パン・ジュース・丸のりんご・チーズ・ヨーグルト)をホテルで食べ 6時15分にローマのホテルから ナポリへと出発。

約215km走り 9時過ぎに到着。 

ナポリの港からカプリ島へ・・・

カプリ島の青の洞窟は お天気が良くても 3割位しか入れないそうですが この日は 運良く OKのサイン。

Dscn0305 P3150198

45分船で走り 青の洞窟へ そこで 手漕ぎの船に乗り換え。

手漕ぎの船に乗るとき 1ユーロのチップを渡します。

P3150204
 

P3150200_2


 P3150203


このように洞窟の中に入って行くのですが まあちゃん達の乗った船は波が強くなり なかなか入れません。

船頭さんが 岩を押さえ やっと入ることができました。

Dscn0316

ところが 波が強く まあちゃんの右手に持っていたカメラは 波をかぶりました。でも 運良くカメラは大丈夫で こんな写真が撮れました。

P3150207


 洞窟の中は 広く 真っ青で 櫂が光って見え 不気味でした。

 船頭さんの歌声が洞窟の中で響いていました。

隣に座っていた主人は洞窟の中に入るとき 頭が洞窟に当たり 帽子が海に落ちました。

後から来た手漕ぎ船の船頭さんが拾ってくれました。

主人は 海水で コートもズボンも濡れました。

コートのポケットは海水で 大きく膨らんでいました。

地中海の水を含んだ帽子にコート・ズボンです。

打った頭 は大したこともなく 笑い事で終わりました。

ツアーの仲間のTさんの話

「チップを払うなら もう一回 回る」と言うので またチップを払ったと話していました。





帰宅して 電話した二人の嫁さんはすぐに 「青の洞窟に入れた??」 と 聞く。

長男の嫁さんのお母さんは 入ることが出来なかった。

次男の嫁さんのイタリアの知り合いは3度行ったがダメだった。

二人とも 「おかあさんはすごい!!」 と びっくりしていました。(笑)


| | コメント (10)

ヨーロッパ旅行② ローマの街散策

朝 ホテルの近くを散策。
       

                  テルミニ駅

Dscn0142
信号無視で 道路を横切る人。

ちょっと 車の間が空くとすぐに横断します。

赤信号でも 車の間が空くと渡ります。

車はスピードを出していますが サッと止まります。

日本では考えられません。

ローマは日本のように駐車場がありません。

道路の両脇に しかも ビッシリ詰めて 車が止めてあります。


Dscn0147
 P3140075_2


車の前と後ろで 押して出るそうで バンパーは傷だらけ・・・

P3160309 P3160310

 

 P3140046a


Dscn0144


 

 P3140056a


  飾りの付いた自転車発見。

  まあちゃんは カメラで撮る仕草をして ニコッ 許可もらった。(笑)

  P3160307

 落書きが至るところに・・・・

 

 P3140076
 

ホテルのエレベーターは 0階から始まる。

P3140041


 
  

| | コメント (8)

ヨーロッパ旅行① ローマ

    いつまで続くのでしょう ・・・この寒さ。

    今朝は snow薄ら雪が降っていました。

紀元80年完成の円形闘技場  コロッセオ  に

Dscn0169

   Dscn0172_3

朝一番にこのコロッセオに行ったのですが 午後のチケットだったので 入ることが出来ませんでした。

「見て貰う」のではなく 「見せてやろう」の態度だと ガイドさんは言っていました。

午後 改めて このコロッセオに行ったので 大急ぎの見学になりました。

                recycleコロッセオの中recycle

P3140131
 Dscn0251

コロッセオの傍には ローマ凱旋門。


                     diamond凱旋門diamond

Dscn0186
 

                  clubトレビの泉club

 

 P3140106
  

肩越しにコインを投げ入れたら 再びローマを訪れることができるというエピソードがあります。

もちろん みんな投げ入れていました。

P3140107


次に訪れたのは バチカン市国観光。

  サンピエトロ寺院。

Dscn0210_2

サンピエトロ広場

 

 Dscn0276_2


門にはイケメンのお兄さんの番兵

 

 Dscn0275_2


  迫力ある天井画

  P3140157_2


 まだまだ 見学は終わりません。

  映画『ローマの休日』で有名なスペイン広場。

  P3150181
スペイン広場から 見下ろす。急な階段でした。

くたびれて 主人と階段に座って 孫娘にメール。

  

P3150182

 

     夕食は カンツォーネ♪♪を聞きながら・・・・   

P3150186


坂本 九ちゃんの『上を向いて歩こう』を みんなと一緒に歌いました。

2日目の行程が やっと終わりました。sleepy sleepy

Dscn0172_2


Dscn0172

 

| | コメント (6)

楽しかったヨーロッパ旅行!!

21日 無事 元気にヨーロッパ旅行から帰って来ました。

関西空港から 新婚さん 4組 ・ 4人の家族 ・ 50歳代夫婦 2組 ・ まあちゃん夫婦の18名のツアー。

北九州 ・ 和歌山 ・ 大阪 ・ 浜松 ・ 金沢 ・ 三重と いろんな方面の方達で 知らない方ばかりでしたが みんな仲良く楽しくにぎやかに 9日間を過ごして来ました。

添乗員さんは 英語はもちろん フランス語 イタリア語も出来 親切で行き届いたサービスでした。

行く先々でガイドが付き イヤホンで日本語での説明を聞くことが出来ました。

ベルサイユ宮殿やモンサンミッシェルのフランスのガイドさんからは 「イケメン」とか「おしん」などの言葉に 笑いも起こりました。

日本の歴史と重ね合わせた説明に親しみを覚え わかり易かったです。

高校時代に覚えた英語もすっかり忘れ 言葉のことが一番不安でしたが 身振り手振り ・ 片言の英語で 外国の方に通じ うれしかったです。

世界は一つなんだ~なんて思ったり・・・

   行きの飛行機で トイレの前で 待ってる時 

たぶんフランスの方だと思うですが 窓の外の景色を指される。 

窓を覗き 「 オー スノー」と言ったら 相手も「スノー」と言い一緒に笑いました。そして 足踏みをするような仕草をされるので もう一人のフランスの方と 3人でトイレの前で足踏みをしたのです。

こんな場面が何度もあり すっかり気をよくしたまあちゃんです。(笑)

主人が借りた携帯電話には 「孫の高校合格」 「中学校卒業」 の嬉しいメールが届きました。

 孫達からは 「今どこ?」「メール頂戴」 メールが何度も届き 孫達とのメールに忙しくもあり 主人と喜びました。

ただ 肉類やピザ スパゲティーなどの食べ物で 初めは美味しく感じましたが 度々で 野菜や果物が欲しくなり 食が進まなくなりました。

 

ディナーで 前菜にあの美味しいフォアグラが2枚も出て来ましたが 半分食べるのが 一生懸命。

その後 2、5cm位の厚さのビフテキが出て来ましたが 2口食べただけでした。


ナポリでのトイレは 便座蓋なしで びっくり。  困りました。

『ローマは足での観光』と言いますが かなりな距離の石畳の上を毎日歩きました。


日本の外に出て 初めて日本の良さを知り 外国の良さを知りました。

歴史に富んだヨーロッパ 美しいヨーロッパに感激して まるで夢を見ているようです。

ヨーロッパの思い出を これから ブログに載せて行きたいと思います。

| | コメント (12)

近づいたヨーロッパ旅行

初めての海外旅行で 何かと落ち着かない日々です。

行程表を送った子供達からは 

楽しそうだね~とか ハードだね~ 一緒に行きたくなったとか 

いろんな返事が来ましたが 

今日は 次男から「お父さんと喧嘩をせんように」のメールが届きました。happy01

4 5年前にイタリアに行った妹も 歯磨きセットを忘れないように・・・お茶が飲みたかったよ・・・など いろいろアドバイスしてくれます。

イタリア語とフランス語で 

『ありがとう』 『こんにちは』 『おはようございます』 『はい』 『いいえ』 

位言えるようになっていないと 困るだろうと 

印刷した紙をテーブルの上に置いて 練習? してるのですが 

イタリア語とフランス語がチャンポンになり ますますわからなくなります。(笑)

そんな中 3年前 イタリアとフランスに行かれことのある写真教室のOさんから電話がありました。

言葉の事を聞くと 添乗員さんがいるので 全然困ることはないの話。

でも 彼女は 珍しい食べ物ばかりで 食べ過ぎて 吐いたので 食べ過ぎないように・・・

絵になる場所が多いので たくさんの写真を楽しみにしていますからね・・・

の話で 少しは 安心し 優しい心遣いの電話で うれしくなりました。

もう 荷物も準備出来ました。

お金もユーロに両替しました。

添乗員さんからも 電話があり ますます近づいた感じになりました。

新聞や郵便物も止めなければ・・・

ちょうどお彼岸にかかるので お墓参りもお寺参りもしておこう・・・

と いろいろ忙しいまあちゃんです。

12日に関西空港の近くのホテルに泊り 13日 ローマに向けて出発します。

21日に 日本に帰って来ます。

楽しんで来ます。

しばらくの間 ブログ休みます。



                                    

             bud 杉の切り株に出来た苔 bud

Dsc00155a_1a

杉の木に・・・苔が・・・かわいい~

山には こんな宝物がたくさんあります。

Dsc00555_4

             年を越したアジサイの花びら

Dsc00405a_4


葉脈の美しさに引き込まれて・・・

Dsc00407a_2

 

 

| | コメント (11)

アート祭のユニホーム

T.Sさんからいただいた着物で アート祭に着るユニホームを作ろう・・・と 洋裁のできる写真教室の友達から 話が出ました。

大賛成・・・と すぐに 話は決まりました。

私は 着物を解き 洗って アイロンを掛けをすることにしました。

P3010070 P3010072 P3010075


昨日から やっと左の着物が解け 洗濯機で洗い 脱水を掛け アイロンで 乾かし ユニホームを作ってくれる友達に持って行きました。

もう 長い間 着物を縫っていませんが こたつに入り 着物は解いていると 昔を思い出しました。

   背筋は2度縫いをしていた・・・・

   端は耳絎けをしていたんだ~

   身八つ口は しっかり縫ってないと 口が開く。

そうそう こうだったんだ~・・と 思い出しては 頷きながらの作業になりました。

上手にきれいに縫ってあり 参考になりました。

合わせの着物を縫った時 どうしても 裾が合わなくて 苦労した苦い思い出も・・・・ 今でも あの着物の柄を覚えています。

着物解きに取り掛かるまでは 気が重かったのですが いろんなことを思い出し 楽しく 捗ります。

明日は もう一枚仕上げよう・・・と 張り切っています。

この様子をT・Sさんにメールしたら 「また あげますよ・・・」と返事が来ました。

友達は ベストにして 袖は作務衣の短い丈を付けようか ・・・と 悩んでいます。

10月のアート祭には 同じデザインのベストを着た写真教室3人のカメラマン女子が見られる予定・・・・(笑)

| | コメント (12)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »