« 病院の母 | トップページ | また 今年も(>_<) »

白壁通り 散策

16日 柳井市の白壁通りへ 友達3人で行ってきました。

白壁と格子窓の家並みが200m続いています。

江戸時代の商家の家並みです。

P61600151 P61600171 P61600191                                  

通りには こんなお店も・・soon

P61600431




町並みには 江戸時代より伝わっている

「甘露醤油」の醤油蔵があり 見学に行ってきました。

P61600211この 甘露醤油は 普通の醤油の2倍かけた 贅沢な二度仕込みの醤油です。熟成まで 合計約4年の期間がかかるそうです

時の藩主 吉川公に献上したところ 「かんろ かんろ」(おいしい おいしい)と お褒めの言葉を いただいたことにより「甘露醤油」と名前がついたそうです。

蔵は  江戸時代に建てられ 使われた道具類が 並んでいました。

この木桶は 材質は吉野杉で 130年前の物だそうです。

P61600351_2 P61600291 P61600331 P6160032_2 P61600281 P61600391











ここで 甘露醤油のお土産を買いました。P6170101

お刺身 ・ 奴豆腐 ・ にぎり寿司など

最高級の醤油です。




P61600091 

昼食は 白壁通りの一角

ここで「玄米十穀ぞうすい」をフ-フー・・・汗を拭きながら 食べました。



もう一軒 豪商「国森家住宅」の見学もしました。

また 載せたいと思います。

|

« 病院の母 | トップページ | また 今年も(>_<) »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

まあちゃん こんにちはcat
まあちゃんも、またお出かけですか~。
冷奴のお豆腐も、お刺身もこんな高級醤油で頂いたら
美味しいでしょうね。
工場の中もすごいですね。桶や工場の天井や滑車など
歴史を感じますね。

投稿: ミミ | 2009年6月18日 (木) 18時09分

柳井市の歴史の古さを感じさせる白壁の通りですね。
そんな中やはり古くからの由緒あるお醤油屋さん、家の作りも現在では幾ら建築費が掛かるかわからない立派な家と桶ですね。
美味しいお醤油ができるのでしょう。good
又玄米十穀ぞうすい美味しかったでしょうね。sweat01restaurant

投稿: ツーカー | 2009年6月18日 (木) 18時29分

ミミさん
そうなんです。
また おでかけしました。(笑)
昔 実家も醤油蔵があり 亡き父が作っていました。
懐かしい思い出です。大きな木桶 天秤棒 もろぶた みんな懐かしかったです。
まだ お醤油いただいてないのですが きっと冷奴に美味しいと思います。

投稿: まあちゃん | 2009年6月18日 (木) 19時47分

ツーカーさん
大好きな 白壁通りです。
何度訪れても よかったですよ。
まだまだ ゆっくり散策したかったです。
欲張りなんでしょうね。
玄米十穀雑炊 もちろん美味しかったですよ。
大汗をタラタラ出しながら いただきました。

投稿: まあちゃん | 2009年6月18日 (木) 19時51分

まあちゃん おはよう御座います
歴史を感じながらの散策いいですね
かみゆい処・白壁通りにとけこみネーミングも
マッチし良い感じですね
甘い醤油美味しいですよね
東京はお醤油 とにかく鹹い
かけ醤油は帰った時に持ってきます
昔は家に味噌部屋・漬物蔵・大きな醤油樽あり懐かしく思い出されます

投稿: maho | 2009年6月19日 (金) 07時10分

mahoさんに刺激され 散策を楽しみましたよ。(笑)
説明を聞きながら 当時に思いを馳せながら・・・なんて 高尚なことをいいますが 大好きなんです。
こんな散策 も少しゆっくりしたかったのですが 時間が足りなかったです。

投稿: まあちゃん | 2009年6月19日 (金) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院の母 | トップページ | また 今年も(>_<) »