« 萩の夏みかん | トップページ | 忘れ物 »

姪からの便り

ゴールデンウィークに やって来た姪から 

お礼の手紙と写真と 相田みつを の詩 ・ 書の葉書が届きました。

子供たちも とても喜んで まあちゃん家のことを 家に帰っても話していたそうです。

お肉(しし肉)も美味しかった・・・・と

共稼ぎで2人の子供で 忙しい姪からの礼状・・・嬉しかったです。

  相田みつをの詩  書の葉書です。

     こんな人に なりたい・・・・

     やさしい心になりたい・・・・ の

  思いで リビングの電話のところに 掛けました。

Dsc08119

  

     『 おてんとうさまの  ひかりをいっぱい  

         吸ったあったかい座ぶとんの  ような人』


Dsc08120_3                     


楽しかった バーベーキュー

   また おいでよね。

      待ってるよ

                   

                                                                 

 

|

« 萩の夏みかん | トップページ | 忘れ物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあちゃん こんばんは
まあちゃんの人柄が表れているような、「詩」
姪御さんの心のこもったお礼状ですね。
相田みつをさんとの詩の出会いは二十年前私の心を支えてくれたのがこの詩集「雨の日には 雨の中を 風の日には 風の中を」でした。 今の好きな言葉
「うつくしものを」
 うつくしものを
 美しいと思える
 あなたの
 こころがうつくしい

「のに」
 あなたにして
 やったのに 
 「のに」がつくと
 ぐちがでる
相田みつをさんの「詩」、読んでいるだけで
こころ安らかになります。
星野富弘「花の詩画集」も好きですね。 

投稿: maho | 2009年6月 6日 (土) 22時10分

mahoさん
わたしも 相田みつをさん好きです。
そして 支えられてきました。
mahoさんが 載せられてる詩 わたしも大好きな詩です。
落ち着きますよね。
和みますよね。

投稿: まあちゃん | 2009年6月 7日 (日) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 萩の夏みかん | トップページ | 忘れ物 »