« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

ありがとうございました m(__)m

朝から 小雪snowが舞ったり 寒い大晦日になりました。

今年も 後 わずかになりました。

いろんなことをブログを通して学びました。

そして 楽しく みなさんと交流出来 嬉しく思います。happy01

ありがとうございました。m(__)m

来年も どうぞ よろしくお願いします。m(__)m

     sign03良いお年をお迎えくださいsign03

| | コメント (8)

また 失敗 (>_<)

明日 一日で 新しい年に・・・・・

いろんなことがありましたが 元気で新しい年を迎えることが出来 幸せheart01に思います。

いつも ドジをして 「しまったー」happy02の日々が多かったのですが 

最後の最後まで ドジをしてしまったまあちゃんです。happy02

    昨日 いつも利用しているコープから 荷物が届いて 

           w(゚o゚)w  ビックリ

    なんと 豆腐を 10丁 も注文していました。

           。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

           

     昨日から restaurant豆腐料理ばかりです。sad

      restaurant肉と一緒に炒めたり。 

      restaurant豆腐汁。 味噌汁にも・・・

      restaurant今日は揚げ出し豆腐。

       まだ 6丁も あるのです
           豆腐が・・・・・

         (。>0<。)

          

    restaurant明日は 湯豆腐にしょうか?

    幸いなことに 主人は豆腐が大好物。

         でもね~~でもね~

             困ったね~ thinkbearing

| | コメント (8)

正月準備

Dsc04036_2

毎年 友達のご主人に作っていただいている玄関飾りです。

今年もこんな立派な物を作っていただきました。

Dsc04035

葉牡丹も 揃いました。









玄関には シャコバサボテンも きれいに咲きました。

Dsc04049 Dsc04045

餅搗きは28日済ませました。

黒豆も炊きました。
今年は栗を入れてみました。
かずのこも 漬けました。
明日は 蕪の酢の物を作ります。

お墓参りは 昨日済ませました。
明日は お寺参りしよう。
明日 カレンダー 新しいのと 取替えておきましょう。

庭の落ち葉拾いをしていると ジュウダマが 輝いていました。
お正月に 孫に教えてやろうと 心楽しみにしています。

 Dsc04043

| | コメント (8)

まあちゃんの幸せ!!

telephone横浜の孫との会話。

「ばあば xmasサンタさん 来た?」

   「来なかったよ」

「窓にloveletter書いて置いた?」

   「書いてなかったよ」

「あのね。何が欲しいか loveletter書いておいてごらん。サンタさん やさしいからpresent持って来てくれるよ」

      ですって・・・・・

来年は まあちゃんもloveletter書いておこう・・・・・と。smile



宇部のママからは サンタさんがpresent来て 子供達はオオハシャギで~す。

と うれしそうなメールが届きました。

息子夫婦も 子供達の喜ぶ姿を見てheart04 うれしいことでしょう。

まあちゃんも 子供達が幸せheart04だったら とっても 幸せですheart01

Pc260045_3

昨日 サンタさんpresent??bleah 知人から 届きました。happy01

今晩は 「ふくちり」をいただきま~~す。happy01

| | コメント (8)

遊雲さん 父さん

先日 訪れた長久寺の住職 有國智光が書かれている 本願寺出版

      「遊雲さん 父さん」

       小児がんを生きたわが子との対話

を 主人の友達が 教えて下さったので 読みました。

 Pc210012

遊雲くんは小学6年生のとき 小児がんがわかり  

                 入院  手術  再発 ・・・・そして 死。

住職でもあるお父さんが 思いを書かれています。

  ついつい どうしてこうなったんだろうと 悩んだりしますが 
  遊雲くんは 与えられた中で 楽しみを見つけ 過ごし 
  それを優しく見守ってあげている お父さん。

  遊雲くんは

    「もういいよ。 母さん ありがとう。みんなにもありがとうと言ってね」

    「もうぼくはいきます」と言って 旅立って行きました。

「命」がどんなに大切か 改めて 考えた書でした。

この書に出会えたご縁に感謝します。

  

    

| | コメント (4)

花の会(能)

22日 周南市文化会館で 能 と 狂言があり 友達と出かけてきました。

一昨年 観て 感激したので この度も ぜひ 行ってみようと すぐに話がまとまりました。

2  3日前の天気予報では snow雪だるまが出ていて 心配したのですが 
みんなの行いが良かったからでしょう いつの間にか cloud雪だるまが消えており 
早めに出かけて 豪華な食事restaurant??をしようと・・・ これもすぐに話が決まりました。happy01(笑)

Pc220014_2

幕が上がって 能舞台が出来ております。

   題目は  仕舞     笠乃段
                  網乃段

         舞囃子    天 鼓

         狂言      附 子(ぶす)

         能       安達原(あだちがはら)  

はじめに 解説がありましたので  あらすじがよくわかり よかったです。

狂言  「附 子」は

     欲な主人の 留守に 太郎冠者と次郎冠者が 
                  主人が大切にしている黒砂糖を食べてしまうお話で
     驚いたり  黒砂糖を美味しそうに食べたり 言い訳を考えたり
     面白いその姿に 思わず 笑ってしまいました。

     太郎冠者は みんなのよく知っている 野村萬歳でした。

能   「安達原」は

    過去を捨て 陸奥の山奥にひっそり暮らしている里女の所へ 
    山伏が泊めてくれと 言うが 汚いからと 断るのですが 
    気の毒に思い泊めるのです。
        女は 山に薪を取りに出かけるのですが 部屋を見ないでくれと 
    頼んで出かけるのですが  
    お供の能力が 見ないでくれと言えばますます見たくなり
    部屋を覗いていると そこには 人の死骸が積まれていたのです。

    誰にも知られたくない過去を 糸車を引きながら 
    自分の人生を見つめている女の姿は 
    哀れにそして悲壮に観え 涙が出そうでした。

    部屋を見られたことを知った女が 鬼となった姿は 壮絶で恐いようでした。

         里女と鬼女  観世清和

         山伏      森  常好

         能力      野村萬歳

透き通った声 凛とした姿  手の裁き 囃子など とても感激しました。confident 

改めて 能 狂言 のすばらしさに 惹かれました。confidentheart04  

    
    

| | コメント (8)

サンタさん

孫たちは クリスマスが近づき サンタさんからの贈り物presentを 楽しみしていることでしょう。

横浜の孫たちは サンタさんから見えるように リビングの窓際にloveletterサンタさん宛てにお手紙を書いて置いているようです。

Photo

昨年 virgo孫娘は 生まれたばかりの弟をサンタさん知らなかったら 大変・・・と 

    早くから「○○ちゃんが来ました」 と 

リビングの窓際にloveletterお手紙を置いていたそうです。

今年は どんな贈り物presentが サンタさんから届くことでしょう。

孫達の喜ぶ姿を見る息子達夫婦も 楽しみにしていることでしょう。




サンタさんからのpresent贈り物と言えば 
            忘れられない思い出があります。

   今 海外へ行っている弟が 小さい頃のことです。

   弟が 朝 起きて来て 

   「靴下を枕元に置いて寝たのに サンタさんが来なかった」・・・と
   手がつけられない程大泣きをします。

        。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

   みんなが困っていると 

   亡くなった祖母が 急いで いろんなお菓子が入った赤い長靴を持って来て

   「昨夜は 鍵をようかけて寝たので サンタさんが入られなかったからじゃろう 
     戸口にpresentこれが置いてあった」・・・・・と

   途端に 泣き止んで 笑顔になった弟でした。


   まあちゃんは サンタさんが誰なのか 知っていましたが 
   何も言いませんでした。


その弟も 来年はtaurus年男  還暦を迎えます。

| | コメント (10)

旅に出かけた羅漢さん

周南市鹿野渋川の長久寺に 木彫りや粘土細工の羅漢さんが出かけておられるというので主人と出会いに行って来ました。

長久寺は ずーと前 まあちゃんが書いたブログの「川が好き 川にうつった空も好き」 の遊雲君のお里でもあります。

Dsc03949_3 Dsc04000


















庭や縁側 石 など 至る所に にこやかな顔をした木彫りや粘土細工の羅漢さんが 並んで 出迎えて下さいました。

Dsc03951_2 Dsc03952 Dsc03953_2 Dsc03976_2 Dsc03979 Dsc03981 Dsc03961_5 Dsc03962_2 Dsc03963_3 Dsc03984 Dsc03988 Dsc03977





大晦日の除夜の鐘を衝く 位置からも羅漢さんが見上げています。

来年1月3日まで 長久寺に羅漢さんは滞在されるそうです。

その後は 福川のお寺さんへ行かれるそうです。

なお このたくさんの羅漢さんの作は住職の友達 田布施の重田総一郎さんだそうです。

Dsc03994 Dsc03992_2                    

まあちゃん夫婦は 心が洗われたような にこやかな心になり 帰って来ました。

夕食の時も 羅漢さんの話で持ち上がりました。

  実は このブログは

羅漢さんに出会って来られた まあちゃんのブログを見て下さる主人の友達が しっかり写真cameraを撮ってブログへ・・・と 電話してくださったのです。

| | コメント (6)

なかなか進まない大掃除 (>_<)

今年こそは 早く大掃除を済ませてpunch ゆっくりしよう・・・・と思っていたのに・・・・

思うように進みません。(>_<)

コンニャク作り  その次の日はリース作り  そして昨日は美容院へ・・・・と 次々に 用事が出来てしまいます。bleah

今朝から 張り切ってpunch 

主人はお風呂の換気扇の取り入れ口  寝室や和室などの蛍光灯の掃除  蛍光灯の取替え。

まあちゃんは キッチンの換気扇  キッチンの掃除。

まだまだ 収納庫の掃除  神棚などの掃除も残っています。

主人には pcパソコンの周りの片付けをしてもらいたいのだが・・・・

    punch頑張らなくちゃpunch

でも 片付けも楽しいですよ happy01

  (ちょっと 負け惜しみらしいかも・・・happy01 )

   ● 明るくなった部屋。

   ● きれいになったキッチン。

   ● 得したこと。moneybag
        この前 魚屋で刺身の盛り合わせを注文した時のこと 
        使わない大皿が5枚もあるので 邪魔になるし 壊すのも 
        もったいないので使って下さいと持参した所 ・・・
        なんと 1000円も負けて くれました。moneybag 

                                   ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

                     impact今年のリースimpact

Pc160067

| | コメント (8)

こんにゃく作り

友達から大向公民館でこんにゃく作りをするので・・・と誘われ 出かけてきました。

この前 鹿野豊鹿里パークで こんにゃく作りがあったのですが 
その時は参加してなかったのですが 改めて 復習するとのことで 
友達が誘ってくれました。

「作り方」

  1.   皮のついたまま細目に切る。
  2.   大鍋に湯を沸かして 芋に箸がとおる程度に茹でる。(40分程度)
  3.   水にさらし アク抜きをする。
  4.   スプーン等を利用して うす皮を取り 小さく切り分ける。
  5.   切り分けた材料を 40℃の湯を天部より2cmまで湯を入れて 
      ミキサーでかき混ぜる。
  6.   混ぜあった材料とあく水を混ぜる。
      (目安・ 芋1kgに対して 水酸化カルシューム25gを
        40℃の湯200ccに溶かしたもの)
  7.   混ぜあがったものを 流し箱に入れて 2~3時間 経って切り分ける。
  8.   切り分けたこんにゃくを 熱湯に入れる。
      茹で 浮き上がったら コンロの火を中火にして 1時間茹でる。
  9.   茹で上がったら タッパーなどに入れてそのまま冷ます。
      保管はビニール袋に入れて 冷蔵庫に入れておく。
      3~4日して ビニール袋の底に あく水が堪るようなら 再び茹でる。

Pc150045 Pc150046 Pc150055 Pc150051 Pc150057 Pc150053






この間は 柔らかに出来たそうですが 今日は ミキサーに40℃の湯を入れる量が少なかったようで 硬めのこんにゃくが出来ました。

みんなが ああでもない こうでもない ・・・・の復習で 笑い声が絶えません。

硬いけど 美味しい・・・と作ったみんなが 笑いながら 褒めていました。

あまりにも 楽しかったので 24日にお正月用を みんなで作ろうと 話が決まりました。happy01


今晩は こんにゃくの刺身に柚子味噌を予定していました ところ 

夕方 中学校の時の友達から 黒豆 小豆 と一緒に こんにゃくが宅急便presentで届きました。

友達のこんにゃくは 柔らかく 色も白く きれいです。
さすが ベテランです。

restaurantまあちゃん達が作ったこんにゃくと 友達のこんにゃくの刺身が食卓に並んで 食べ比べです。

   主人の言葉

     まあちゃん達のこんにゃくは チューインガムを噛むようだ。happy02
     味は こんにゃくの味。

友達にお礼のtelephone電話して この話をして 大笑いしました。

友達は 昔からの作り方で 石灰のあく水で すり鉢で芋を擂る(する)そうです。



ブログ友の恵さんのこんにゃくの作り方も 違う作り方でした。
いろんな作り方があるのですね。

| | コメント (8)

篤姫

14日 日曜日で tvNHK大河ドラマ「篤姫」が終わる。

この「篤姫」の放送を まあちゃん達夫婦は 楽しみにして見ていました。

篤姫のことが も少し知りたくて宮尾登美子の「篤姫の生涯」を図書館から 借りてきてbook読んでいます。

よくわからなかった「お由良騒動」などが 本を読みわかり 納得したりして ますます興味が湧きます。

また篤姫のエピソードなど 面白く 読んでいます。

 Pc120036

主人がまあちゃんが読んでいる「篤姫の生涯」に感心を持って 先にbook読み上げてしまいました。

趣味の違う主人が まあちゃんの読んでる本を読むなんて はじめてのことです。

食事の時も「篤姫」の話が出てきて 盛り上がります。

脚本家の田淵久美子さんの家族をテーマされたことが受けたのか それとも 宮﨑あおいさんの演技がよかったのか 楽しみの番組でした。

       明日で最終回  

             さみしくなります

| | コメント (8)

すす払い

天井が高いリビングや外周りを 長い女竹で 掃除することにしました。

 Pc110024_3

気の短い主人は 思い立ったら すぐに 取り掛かるので 追いかけるまあちゃんは大変でした。

女竹を取りに行った主人は すぐに 女竹で リビングの天井を払います。

ブログに載せたいので camera写真を・・・と思って

「ちょっと 止まって」と言うと ちょっと止めてくれるのですが 
すぐに また 取り掛かり 払って行きます。

おかげで ダメになった写真ばかりでした。(>_<)

 Pc110027             

昨年は リビングの天井の掃除をしていなかったので たくさんの塵がありました。

主人は 蛍光灯の傘も外して 掃除もしました。





Pc110031

外回りや 蜘蛛の巣などを 払った主人は 風呂の煙突の掃除まで 済ましました。

後始末をするまあちゃんは 大忙しで 主人に振り回されました。happy02

| | コメント (12)

妹が来ました。

7日 妹がhospital母の見舞いに京都bullettrainから やって来ました。

前日 熱が出て 目を閉じて 赤い顔で眠ってばかりの母でしたので 心配していました。

そんなまあちゃんの心配も他所に 母は 妹を見ると ニコッとして 声まで出して喜んだのです。
今まで 見たこともない程の 喜びようでの 妹との再会でした。

動かないはずの右手も出して 妹の手を求めます。
母と妹は ず~と手を握っていました。
母は もう離さないよ。 と言う感じで 手を差し伸べています。
妹が話すことも わかるようです。
頷いたり 返事もするようです。

傍で 見ているまあちゃんは 涙を出しながらも 妹に嫉妬しました。(笑)
いつも 母の所に行っているまあちゃんには こんな喜び方をしたことがありません。


そんなhospital母でしたが 次の日8日は 眠ってばかりで 妹を がっかりさせてしまいました。


今日 9日は妹がbullettrain京都に帰って行く日です。

今朝のhospital母は 頬を冷たい手で触っても 顔をタオルで拭いても 目を開けようとしません 眠ってばかりでした。
だんだん妹が帰って行く時間になり もう一度 まあちゃんが

    「おばあちゃん」 と声をかけると 

小さい声でしたが 返事をしたので 妹が京都に帰る旨を告げると 薄ら目を開け 
妹の顔を見て 妹の言葉に 相づちを打っていました。

妹は心配しながら 主人とまあちゃんに礼を言って 京都へbullettrain帰って行きました。

          ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

             今年は ミニ葉ぼたんを 植えました。

Dsc03830_2 Dsc03827

| | コメント (8)

緑のダムづくり!

緑のダムづくり~周南市から緑のダムをひろげよう~ 

周南市須々万の山林で行われ 主人も参加しました。

 016

小学生4~6年生(保護者同伴)が対象で 間伐見学と 間伐跡地に広葉樹の植林体験。

{目的}

   間伐などで手入れが行われている森林 山林は 
   地中にたくさんの水を蓄える巨大な「緑のダム」です。

      また 二酸化炭素を吸収し 地球温暖化防止・ 環境保全に重要な役割を
   担っています。

      また 針葉樹と広葉樹の混ざった針広混交林は 
   様々な生物(クマなど多種多様な動植物)の生育環境の質を高め 
   災害に強い森林となります。

006 雪の降る悪天候でしたが たくさんの親子連れの参加でした。










003

最初に 申し込みをした子供さんと 島津周南市市長さんがコナラの植林。










010_2 011_3


コナラの植樹の後には
参加者名札。 

019

にぎやかに たくさんの参加で 無事、広葉樹の植樹が済みました。

ぼたん汁(いのしし汁)をごちそうになり 解散になりました。

| | コメント (8)

また 雪が降りました。

天気予報通り 今朝方から 雪snowsnowが降り さむい さむい 1日でした。

午後は 風が吹きtyphoon 木々に積もっている雪が 砂煙りのように 舞い上がっていました。

Dsc03843_2

Dsc03854_2

夕方は 冷え込んで 底冷えがするような・・・・

外気温は -1℃。

倉庫には つららが・・・・

 Dsc03876

このつららは・・・・倉庫の屋根

Dsc03869

 

| | コメント (8)

雪の準備

母の病院がある周南市鹿野では 積雪の看板 ポールが設置されました。

 Pc050003

天気予報では 真冬並みの寒さになり 平地でも積雪snowの恐れがある・・・・と

昨年は このような高いポールは 必要なかったけど 今年はどうかしら・・・と心配になります。 

| | コメント (10)

人間ドッグ

徳山医師会病院へ日帰りドッグに行ってきました。

Pc030034

特定検診以外に 脳の検査 眼底検査 乳がん検診をしてきました。

まだ 結果が出ないので よくわからないのですが 血圧が145もあり 軽高血圧でした。

主人は眼圧が昨年高目だったのですが この度はちょうどよかったそうです。

胃カメラの検査で終りでしたが 朝早くから 食事抜きの検査でくたびれました。



主人は 脳の先生に肩が凝ると相談したら それは枕と言われたと言って 帰りにこんな枕を買ったのです。

Pc030036 Pc030037
















オーダー枕を作ってもらったのです。

 値段は 18900円   (枕カバーも一緒で)

    なんと 高い枕 sign03

前にも 1万円もする枕を買ったのに・・・・枕ばっかり買って んもうーー  

と ブスブス言ってるまあちゃんです。angry

| | コメント (10)

窓拭き

Pc020022

今年は珍しく 主人が「窓拭きは何時するのか?」と 1週間前から言っていました。

梅雨明けから 窓拭きをしてなかったので ずいぶん汚れてるので 気になっていました。 

今日はsun暖かいので お昼から  主人1人で 窓をホースで水洗いして 刷毛で擦ってくれました。

きれいに なりました。scissors

大体の汚れは 落ちたので もう1回 サーと拭こうと思っています。

まあちゃんはサッシの溝をきれいにしました。

屋根の下や天井のすす払いもしてもらうことになっています。

暖かい間に 大掃除を済ませたいまあちゃんで~す。happy01 happy01




今日 訪ねた友達は 障子張りも窓拭きもサッシの溝もきれいに掃除して

    「きれいになったろうsign03」と 自慢していました。

負けたような気になったまあちゃんは 
     サッシの溝を何回も拭いて きれいにしておきました。bleah

| | コメント (4)

もったいない展

11月28日から 周南市土井で開かれていた「もったいない展」へ行ってきました。

主人のお友達の奥さんの吉鶴幸子さんの「裂織」「さおり織」の作品。

Pc010007

左の作品は弟さんの浴衣を裂いて 織ったそうです。
弟さんがとても暖かいと言って 使っておられるそうです。









Pc010012_2 

これは 吉鶴さんの曾おばあちゃんが織られた物だそうです。

びっくりしました。

昔の物を大切にされています。









Pc010013

さおり織。














Pc010014 裂織は縦糸に 裂いた布を織っていくのだそうですが 布の準備が大変なそうです。

左の籠にある 浴衣生地は 温泉旅館のお古だそうです。

本当に「もったいない展」です。







Pc010010

これは 吉鶴さんの姑さんが編まれた座布団です。

右側の座布団は認知症が始まって 吉鶴さんが準備され 作られたものですが 雑ではありますが ちゃんと 出来上がっています。

吉鶴さんの優しさが伝わってきました。



吉鶴さんはお忙しい方ですが 物を大切にされ こんな立派な作品をたくさん作っておられます。

その他 柿渋染  パッチワーク  藍染などたくさんの作品が展示してありました。  

Pc010003

柿渋染。

天候により 色が変るのだそうです。







Pc010011

麦の穂ですが 色を塗ったのではなくて 色を吸い上げて こんなにきれいな色の麦の穂が出来るそうです。








Pc010004 Pc010006

| | コメント (6)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »