« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

寒い朝

昨日は雨 今朝は-2℃。

庭も道路も凍結しています。

雲仙には霧氷が見られたそうです。

霧氷まではいきませんが 家の前の山や荒れた田んぼは 霜で真っ白になっています。

P1300008 P1300015

                   

   P1300013_3                

小川のそばのやぶ。

  P1300001_2                   

倉庫の屋根にお日さまが当り湯気が出ています。

| | コメント (10)

人参

 P1280001_3                                  

この人参は 「循環農法と自然食の普及 周南なずなの会」の平川達夫さんが作られて 出荷できない人参です。

この人参は 自然の摂理に基づいた循環農法にのっとり 堆肥がたっぷり入った畑で生産された物で 農薬はもちろん 化学肥料は一切使用されてないのです。

生活共同組合や学校給食に販売されたそうですが たくさんの人参が出荷できなく 畑に山積みされているそうです。

平川さんは 4、5年前 定年退職され 興味のある農業に打ち込んでおられます。
10アールの畑に人参を植えられたそうです。想像しただけで 気の遠くなるような仕事です。

毎日 畑に通い 丹精込めて 作られた人参です。 人参も手洗いされたのでしょう。この寒い時に・・・・と思うと 粗末にはできません。
今朝 味噌汁に入れて食べてみると 人参の匂いが強く感じられました。
お昼には 蕪と人参のクリーム煮を作りました。
しかし まあちゃん家にも 大根のような大きな人参ができています。もちろん 農薬も化学肥料も使っていません。
平川さんの人参を友達に貰っていただくことになり 安心ました。

先日 紹介した「もったいない展」の吉鶴さんが 人参ジャムを作り 持って来て下さいました。
ヨーグルトに入れ 今朝 頂きました。P1280002_3

こんなパンフレットも一緒についていました。

    P1280007_2

先日の ミミさんのブログのもったいな~い を思い出しました。

| | コメント (13)

間伐

P1250009 朝 雪が降っていましたが 止んだので 主人が山に行ってみると言うので ついて行ってみました。

主人が間伐した山をいろいろ 説明してくれました。

   P1250007_2                   

これは 列条間伐で 3列置いて 1列伐採するそうです。
搬出が容易いそうです。 

搬出間伐すると普通の間伐より 補助金もよいそうです。

 

今から間伐する山     間伐が済んだ山

P1250011_2

P1250008_2

          

 この間の雪は重かったので 曲がったり 根っこから倒れた木や折れた木もあります。

  P1250002_2 P1250018_2   

  

まっすぐのびた杉の木を見ると 晴れ晴れします。
主人が「美しい森をつくる。」 といいますが 気持ちがわかります。

 

山のあっちこっちに転がっている木もあり  どうして出さないのか と聞いてみますと 値段が安く 採算が取れないそうです。本当にもったいないです。長い間かけて大きくなった木なのに・・・
   P1250006 P1250012_2                            

 林内車でもう一回出したら 4.5トン車のトラックで木材市場に持って行かれるそうです。

楽しそうに山に行くけど 大変な仕事で疲れるだろうと 感謝の気持ちでいっぱいになりました。

         P1250020_3
   

| | コメント (6)

餅つき

 P1230009                                 

P1230011 P1230013 正月に帰ってきた孫達が 喜んで食べた餅を送ってやりたい・・・の思いで 搗きました。

朝食は 毎日 お餅でした。

ふたりのママは餡餅。

女の子の孫は黄な粉餅。

男の子の孫は焼き餅。

孫達の顔を思い出しながらの餅つきです。

昨日から小豆を炊き 準備しました。

金比羅宮詣りで買った「さぬきうどん」と一緒に 宅急便を出しました。
明日は 届くでしょう。喜んでくれることでしょう。
   

| | コメント (12)

金比羅宮詣り

みぞれの降る天候の金比羅宮詣り (>_<)(>_<)でした

瀬戸内は暖かいので 山陽路はたぶん雪はないだろう・・・と思っていましたが ドッコイ 行けども行けども 雪景色。(>_<)

もちろん 金比羅宮もみぞれの中の参拝となりました。
    P1200005              

表参道には両脇にたくさんのみやげ物店がありました。

昼食に食べた「さぬきうどん」もあります。

籠のお参りも出来そうです。(^^♪P1200003_2

値段は6800円?らしい?

P1200016 365段目に大門。

大門を過ぎるとみやげ物店は無くなりました。

境内の入り口には「5人百姓」が「こんぴら飴」を売っていました。手が悴んでいたのでしょう ピンボケの写真になりました。P1200021

5人百姓とは祖先がご祭神に功労があったそうで 特別に境内で販売を許されているそうです。

こんぴら飴は硬いので この槌で割って食べるのです。昔 懐かしい美味しい飴でした。P1210003

  P1200049_2                   

470段?に金比羅宮書院で 通常は非公開の円山応挙 ・伊藤若冲・田窪恭治らの障壁が展示されていました。

4部屋を飾る 応挙の虎  柳の木に白鷺。

伊藤若冲の花丸図 は四方に201点の花々が描かれていました。

どれをみても 壮絶な障壁画に圧倒され 時間の経つのも忘れて 見入っていました。気が付いたら 集合時間が迫っていました。

  P1200047

みぞれ模様の中 傘を差して 足元に気をつけながら 急な階段を上るので 上着を脱ぎたいくらい暖かくなりました。

  P1200039                  

急な登り坂 これが最後の階段です。

靴は ビシャビシャです。

785段 登りました。

持って行った杖は使いませんでした。

  P1200040_2

御本宮です。

家内安全。そして平和を祈りました。

境内は雪に覆われて 雪遊びをしている子もいました。(^^♪

P1200044

 大変な金比羅宮詣りでしたが まだまだ 大変なことが待ち受けていました

雪のため 高速道が岩国から玖珂のインターまで 通行止め。

2号線に降りたら 大渋滞 。

前に進みません。

運転手さんの機転で 途中から引き返して 188号線に・・・

これも 大渋滞.。(>_<)

前を見ると ズーーート続いた車のライト。

藤生の駅でバスから降りて 電車に乗り換えて帰られた方もありました。

どうにか 柳井まで帰り 農道を走り 熊毛のインターで高速道に入ることが出来ました。

9時頃帰宅の予定が10時半位になりました。

雪は 5cm位積もっていました。

「折角の 金比羅宮詣りがご利益がなかったね。」と言ったら 

友達が「ご利益があったから 今日中に帰れたのよ」と言う。

そうです。

あの 長い間 大渋滞でも だ~れも不服は言わないし 取り乱した人もなく ドライバーさんも添乗員さんも落ち着いて親切で 気持ちの良い金比羅宮詣りでした。

それにしても まあちゃんは疲れました。

パソコンに写真を入れたら 雪が降っているし 急いでいたからでしょう ピンボケの写真が多かったです。(>_<)やはり写真は落ち着いて撮らなくてはいけません。残念でした。

| | コメント (10)

金比羅宮詣り

明日 20日 四国の金比羅宮参りのツアーへ 友達3人で参加します。

本殿は785段 更に奥の院までは583段。

合わせて 1368段。

奥の院では 円山応挙 伊藤若冲らの障壁画など特別公開の見学。

果たして この階段を征服できるかなーー

心配です。

おまけに お天気まで怪しそうです。(>_<)

うどんの好きな友達はさぬきうどん さぬきうどんと言って 楽しみにしているのですが・・・・

まあちゃんは 横浜へ手伝いに行ったお礼にいただいた 竹内海南江のリュック ブログレ カナナ プロジェック と 登山用のスティック ひざのサポーターを用意してま~す。

雨さん 金比羅さん周辺は降らないでくださいね。

お願いします。m(__)m

      P1190003_3

    

| | コメント (3)

稲荷大明神

母の見舞いに行き 稲荷大明神へ行ってみました。

  P1170040 P1170020 P1170023 P1170024 P1170034 P1170030

赤い鳥居を抜けると 稲荷神社がありました。

格天井(ごうてんじょう)には 干支が描かれていました。

急な坂道を上がって行くと 鹿野の街が見えてきました。

桜の木がたくさん植えてあります。

母の入院している病院の談話室から 春には桜の花がよく見えます。

適わぬことですが 母をここに連れてきたら とても喜ぶだろうと思いました。

風が吹き 寒い日でしたが 頂上まで上ると汗が出てきました。

気が滅入っていましたが いつものまあちゃんになることができました。

| | コメント (8)

クロアリ?

001 003 004 005

鶏小屋の廃材を風呂の薪にしているので ナタで割ったら 大きな蟻がたくさん ゾロゾロ出てきました。

体長は1cmくらいあります。

小さな体で こんなにもたくさん穴?を開けています。

見ていたら 体が痒くなりそうです。

寒いのに ゾロゾロ四方八方に逃げて行きます。

羽がついているのもあります。

もし 家に付いて 家の柱などに入ったら大変と思い かわいそうだけど 廃材を風呂釜に入れて 焚きました。

ネットで調べたり 子供が使っていた図鑑で調べたけど 何蟻か?わかりませんでした。

| | コメント (2)

手形

  P1140024                                

この写真は なんでしょう??

今朝 カーテンを開けようとして気が付きました。

うれしくなりました。(^^♪

犯人は・・・・

お正月に帰ってきた孫の手形。

どの孫がさわったのだろうか??

誰かしら?

まあちゃんは 手をソーと 手形の上に のせてみました。

指が長いような? あの孫だろう・・・いや この孫だろう・・・と いろいろ推理してみました。

窓拭きも しばらくの間 お休みです。

このままにして おきます。

眺めて 楽しみたいで~す。(^^♪

山仕事から帰った主人も うれしそうに眺め 

「あの孫だろう  この孫だろう・・・・」と同じように 推理しています。

にぎやかなお正月を過ごした孫や子供たちの話が 絶えないまあちゃん家で~す。(^^♪

| | コメント (4)

桜島大根

  P1130021                                   

器量がよくありませんが 桜島大根です。

この4本の大根 葉っぱを退けて17kgもありました。(@_@)

サワー漬けを作ろうと思い 一番大きい大根を 頭 尻尾 皮を取り きれいにして ベンリナーで突き 計ったら 5kg ありました。 

作業も大変でした。

大根が大きいので 包丁で切るのが難しく 流し全部を使い 包丁で怪我しないように 気をつけて 大根をベンリナーで突いて 桶に入れました。

もう くたびれたので あとの大根は もったいないけど 辞める事にしました。

| | コメント (0)

どんど焼き

13日 二俣神社で コミニュティー・大向小学校のPTA 主催で行われました。

  P1130006 P1130014

11時から ふれあいの家で ふれあいの集いがあり 主人が出席しました。

| | コメント (0)

間伐材

P1100009 この杉の木は 長男が生まれた祝いに植えた木です。
一番長い木はヒノキの通し柱です。(二階建ての家に使います)

40年位経っています。
主人が昨年の秋から 間伐をしています。

1月10日のかまくらで~す。
もう 今日で 写真載せるの最後でしょうね。
折角 つくったのにねー
また 来年もつくろうね。

P1100011

| | コメント (10)

大 大失敗(>_<)(>_<)

お正月 早々に しかも なんたること 1日 つまり年明け1日目に ブログに書くのも辛くなる程 大失敗を仕出かしました。(T_T)

お風呂の空焚きをしたのです。

気がついた時は 風呂場はもうもうと 煙を上げて 見えないほどでした。(涙)

循環式ですから パイプが焼けたのです。

家中 ゴムが焼ける匂いで 充満しています。

どうすることも出来ません。

正月早々から 大騒動です。

主人が木に布を巻いて ふたつの穴に栓を作ってくれ どうにか風呂に入れるようにしてくれましたが さすがのまあちゃんも 過ぎたことはどうにもならないのだから もう忘れよう・・・と思っても 自分ながら 悲しくなり 1日の夜は よく眠られませんでした。

子供たちも帰り 昨日 主人が建材店で購入して 取り付けてくれ やっと お風呂を焚くことができるようになりました。

今日は何度もお風呂に覗いて 確かめるまあちゃんです。

主人は まあちゃんを慰めるのでしょう

「意外と 安かった。4万円が切れたから・・・・」と言ってくれますが 胸が痛くなるほど辛いです。

    P1090002                                      

1月9日のかまくらで~す。

今日は 暖かく 春のようでした。

      P1090003_2

     

| | コメント (5)

消防ポンプ

母の見舞いに行き 鹿野図書館に行く途中 目に付きました。

  P1080003                                

昭和10年に購入された 手動式消防ポンプです。

火事場へ引いてかけつけ 10人位がワッショイ ワッショイと押して 水をかけ

消火しました。

昔は 消防団のことを警防団といったそうです。

この消防ポンプは昭和27年頃まで 活躍したそうです。

  1月8日のかまくらで~す。   

       P1080009_3

 

| | コメント (7)

お正月

2008年が始まりました。

今年もよろしくお願いします。m(__)m

1月2日 飛行機からの富士山です。
   (横浜の嫁が撮影)

 Dscf1364_3                                    

子供たちが孫を連れて 帰ってきました。

昨年生まれた孫を入れ 総勢11名の大家族になりました。

久しぶりに会った孫達ですが 仲良しで 男の子組 女の子組で 遊びます。

年末から降り始めた雪は 正月も 降り 親も孫たちも大喜びで 雪あそびをしました。

  P1020017 P1020019 P1030132 P1020029 P1020037_2 P1030066_2 P1040151

孫たちは日頃使ったにこともない 一輪車 てみ がんざき スコップなどを使って雪集めをして かまくらを作りました。

主人は山にも孫を連れて行きました。

棒切れを振り回して熊笹の中を 4人が元気よく歩いたそうで 喜んでいました。

何時の日か この田舎でのことを 思い出してくれたらいいなあーと思います。

5日に宇部の一家が帰ったときは 残った横浜の孫たちも帰って行った宇部の孫たちも 涙 涙の別れでした。

6日に横浜一家も帰って行きました。

今日は 朝から片付けです。

ふと ファンヒーターの後ろを見ると 年末にきれいにしたフィルターが真っ白になっていました。

孫たちが取ってきた南天の赤い実や 熊笹を振り回した棒切れ等 あっちにもこっちにも散らかっています。

懐かしくなり 抱きしめたい思いです。

「おばあちゃん ブログに かまくらの写真を載せてね」

と まあちゃんと孫との約束です。

1月7日のかまくらよ。だいぶ 溶けちゃったよー

P1070182

| | コメント (7)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »