« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ぎぼしの花

季節はずれ?ぎぼしの花が咲きました

Sa360116 主人が作ったプランターです

Sa360115 こちらは

今日 お友達にいただきました

名前が わからないのですが・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

テンプレート

秋が近づいてきたので テンプレートを

シックに 変更してみました。

この間の 台風から 毎日 午後夕立が それも 大夕立が・・・・

雷も すごいのが・・・・

今日は 朝 涼しいうちに 秋野菜の 種まきの 準備をしました

油粕 鶏糞( 我が家の 鶏10わ )を入れ 耕しました

大根 にんじん 小松菜 を蒔く予定ですSa360113

| | コメント (1) | トラックバック (0)

犯人はたぬき?

台風10号のため 昨日から 雨 風

でも たいしたこともなく 恵みの雨の感じで

しのぎよい 日々でした。

夕方 畑にのぞいていると やはり 風のため 

とうもろこしがこんなになっていました。Sa360106_1

Sa360107 よくみると 1本 なにものかに食べられています。

たぶん たぬき?でしょう

たぬき で なかったら ヌレギヌをかけられた というかしら?

まだ 早いけど2本取りました。

 1本 1本 ネットを絡ませておきました

 だいじょうぶかしら?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ハプニング

Sa360105_1 「ぎゃあー わぁーん・・・・・」

朝から ただ事ならぬ大声で泣き叫ぶ声

小学2年生になる孫娘

見ると このヒラタクワガタの角

かごの中から 小さな指を挟んでいる

泣き叫ぶけど うまい具合に 離されない

はさみを持って 駆けつけた

パパに やっと 助けてもらったが、

まだ 「わぁー わぁー・・・・・」 泣く

指を噛まれた跡が あった

   昔 横浜に住んでいる息子が小さい時

   やはり クワガタの角に挟まれたことがあった

   泣き叫ぶけど どうにもならないので はさみで

   クワガタの頭を ちょん切ったことがあった

   でも その時は 小さいクワガタ だった

Sa360104_1

   (こんな 立派な カブト虫も

        山からとってきました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白いかぼちゃ

Sa360094 白いかぼちゃがたくさんなりました

皮は硬いけど おいしい

ここは 冬には ー7度くらいまで

温度が下がる  

だけど 冬を越して 3月頃までも 食べられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい 孫たち

4歳の孫娘が 主人の膝に抱かれ 

「あたち 好きでちょ?」

「きらいのときもあるよ」と主人

「だって 好きと 言ったじゃあない」

横浜に帰って行って 10日も立つのに 

この話を何度もする毎日

お盆には もう1組の孫たちが 帰ってくる

どんな元気が 孫から 貰えるかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑の草取りをしていたら

蜂の巣をみつけました 

巣に蜂が 5 6匹 むらがっていました

主人が フマキラーをかけて

退治しました

低いところに 巣をかけていました

台風の多い年は 蜂が低いところに 巣を

作るそうだ。 

台風が多い ・・・・  Sa360090 いやだなー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏すいせん

汗ダクダク・・・・草刈り

ふと  見ると Sa360085

夏すいせん

手を休めて 

みとれました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山

「おかあさん いつもは 富士山が見えないんだけど

今日は とてもよく見えるので 写真を撮って

送りました。見えたらいいのだけど・・・・・」

と 横浜のお嫁さんから 携帯電話にメールが来た。

どう見ても 見えないので 急いで パソコンに

取り込んで 画面を大きくしたり 色をつけてみたけど

どうも 見えにくい。電話で そのように 言うと

息子も 富士山がきれい・・・と嫁さんにメールしたそうだ

まあちゃんが 「富士山 富士山」というので

みんなが 気をつかってくれる。

本当に うれしい!!

まあちゃんのパソコンのデスクトップに入れて

探してみよう! 富士山を・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖谷かずら橋

徳島の祖谷かずら橋へ行ってきました

高所恐怖症の まあちゃんは どんな所か 

行く前から 不安と興味で 入り混じっていましたが

この つり橋を ユウユウ(??)と渡りました

ここまで来て かずら橋を 渡らなかったら

   恥ずかしい

意地にでも 渡らなければ・・・・

この思いが 怖さを忘れさせてくれました

Sa360075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »